高野山真言宗極楽寺, All Rights Reserved.

弘法大師(空海)を宗祖とし、高野山金剛峯寺を総本山とする高野山真言宗のお寺です。
ご本尊は「不動明王」です。​身の周りの災厄を取り除く「厄除け不動」として信仰を集めてきました。

宮崎県仏堂明細帳によると、西暦1152年(仁平2年)に国主大名が開基し(寺院建立の事業を担い)、初代住職として幸覚院一世を招き迎えて開山されたと記されている。
以来、領主の保護により栄えていたが、乱世に変遷する中衰退していった。
鎌倉時代に入り、1253年(建長5年)に僧澄舜(ちょうしゅん)が寺院を復興させた。

1555年(天文24)に島津忠親が寺院の建物群を再興し、飫肥城の祈願寺と定めた。
忠親は都之城城主北郷忠相の嫡男であったが、島津本家の命により1547年(天文15年)飫肥城に
養子縁組して城下を治めた。また、忠親は神仏に対し信仰があつく、極楽寺の他にも社殿を興しており1563年(永禄6年)櫛間院十三所大明神(現在の串間神社)の社殿を荘厳にしている。

1831年(天保2年)不慮の火災に見舞われ焼失してしまう。さらに、明治維新の廃仏毀釈において
廃寺となったが、信仰を深める檀信徒により1879年(明治12年)に再建された。

極楽寺について

​宝 物

鰐口【串間市指定文化財】